Home DNA ReportDNAアフガニスタンレポート2000-2002

DNAアフガニスタンレポート2000-2002

 
 
DNA Report
DNAアフガニスタンレポート2000-2002

祖国は遠かった~漂流するアフガン難民~

その少女と初めて出会ったのは、”平和の蘇った”アフガニスタンに 大量の難民たちが帰還した2002年夏 だった。少女の名前はシュエ(10)。初めは女の子と分からなかった。髪を短く切り、少年の姿でバザー ルで 水を売っていたからだ。シュエは母親のマリムと4人の兄弟たちと1ヶ月前に避難先のパキスタンからカブー ルへ帰還したばかりだった。故郷の村は戦禍に見舞われ家も畑も破壊された。暫定的に首都カブールへやっ て来た彼らは廃墟を占拠し移り住んだ。母マリムはマラリアにかかり思うように動くことができない。父は4 年前に北部同盟の兵士として徴用され行方不明不明となっていた。 シュエは毎日バザールで水を売る。水は一杯500アフガニ(約1.5円)一日働いても7000アフガニしか稼 げない。その日に稼いだ金でジャガイモ を買う。買い物は長女ナジラ(14)の仕事だ。食事は日に1度。一家 で働いているのはシュエだけだ。イスラムの戒律が厳しい中で、女性が働くことは避難をあびる。シュエは「髪 を伸ばして女の子の服が着たい。でも今はこうする他ない」と笑う。避難先のパキスタンのキャンプでは援助 が受けられた。幼い兄弟たちはパキスタンへ戻りたいと言う。思い焦がれていた祖国は、生活のあてもない環 境だった。母マリムは家族を引き連れカブールを離れ再びパキスタンへ戻るつもりだ。異国であってもまだも といたパキスタンの難民キャンプの方が生活の手だてがあったからだ。生きるために再び難民の道を選択せ ざるを得ない。故郷に帰れない難民たちは戦禍の止んだ現在、確実に増え続けている。(横山朱子)
 
 report-03_pic01  report-03_pic02  report-03_pic03
 

MOVIE

 

17-russian_con ロシアンコンパウンド

カブールの南東の一角。朽ち果てたコンクリートがたち並ぶ。 ここはロシアンコンパウンドと呼ばれ、旧ソビエト大使館とその関連施設だった。 ソビエト崩壊とムジャヒディン同士の戦いで無数の砲弾をあび 廃墟となったこの建物を 2000人もの人々が占拠し暮らしていた。 その多くは内戦で故郷を 追われた人々。 しかしタリバンが去り、ロシア大使館再建されることになり、 住人たちは退去を余儀なくされることになった。
 

18-afghan_tank 市内に現れた戦車

カブールの中心街。人と車で混雑する交差点に突然戦車が現れた。 戦車の上に立ちはだかり威圧するような態度の北部同盟軍の兵士たち。
 

19-haikyu 食糧配給に群がる人々

タリバンが去り食糧配給が再開された。 女性たちがトラックに群がる。しかし配給のシステムが混乱し、 ケガ人も続出。結局配給せぬままトラックは去ってしまった。
 

20-afghan_gobaku 誤爆現場

アメリカ軍の攻撃は軍事施設ばかりではなかった。 住宅街の中央に落とされた爆撃跡。 こうした誤爆はカブールだけでも数多く起こった。 民家に落ちた爆弾で全身に傷負った少女。
 

放送作品&取材スタッフ

アフガンプロジェクト第4弾 (2002.8-9)

放送作品
TBS News23[9・11]特集

スタッフ
遠藤盛章・渡辺裕一・横山朱子
 
 

アフガンプロジェクト第3弾(2002.6-7)

放送作品
TBS News23アフガンレポート[武器回収]

スタッフ
竹内尚史・渡辺裕一・高橋美寿

放送作品
NHKウィークエンドSP[アフガニスタン国境 物流最前線を追う](制作:オルタスジャパン)

スタッフ
遠藤盛章・横山朱子
 
 

アフガンプロジェクト第2弾(2001.10-2003.1)

放送作品
BS-i i’s EYE「タリバン崩壊激動の3ヶ月~市民たちのアフガン戦争~」
TBS News23特集[ブルカを脱げない子供たち][アフガン子供たちの夢][アフガン強盗街道を行く]

映像提供及び電話レポート
TBS[News23][ニュースの森]、文化放送

スタッフ
遠藤盛章・福岡孝浩・渡辺裕一・伊藤和幸・横山朱子・岩田久範
 
 

アフガンプロジェクト第1弾(2000.10)

放送作品
CXスーパーニュース特集[アフガン絶望の焦土][焦土の子供たち][消える歴史]
CXニュースジャパン特集[イスラム原理主義の現実][絶望の焦土][潜入!ヘロイン地帯~ケシ畑からの国際戦略]

スタッフ
遠藤盛章



Copyright© DNA Documentary & Nonfiction Activation All Rights Reserved.